外注ライター求人募集サイトの上手な選び方

外注ライター

外注ライターの副業で効率良く稼ぐなら良質な求人サイトを選ぶこと

一口に外注ライターとは言っても、WEBライティングや雑誌専門のライターなど、多彩なジャンルがあります。

多彩なジャンルの中でももっとも人気が高いのが、WEBライターですね。子育て中の主婦やOLの副業としても人気がすっかり定着してきました。

求人募集の豊富な福岡の街でも、ライターとして稼いでいる主婦の方が多い理由についてご紹介します。

何と言っても外注ライターの副業は、自宅で空いた時間に簡単にできるし、自分の持っている知識を活かせるのが魅力です。

クライアントから与えられたテーマについて知識を持たない人でも、ネットや書籍でリサーチして自分の言葉にして書けば良いので、特別なスキルは不要です。

それでは、現在外注ライターとして稼いでいる人は、どのようにしてお仕事をゲットしているのでしょうか。外注ライターの仕事を長く続けたいと思うなら、コンスタントに仕事を請けるのが鉄則です。

この仕事をするために、わざわざ外に出向いて営業活動を行う必要などさらさらありません。なぜなら自宅や外出先でも、パソコン・スマホのインターネット上でいつでもお仕事探しができるからです。

外注ライターとして定期的に仕事の依頼が来るようにするためには、SOHO求人サイトに登録することです。SOHO求人サイトは、WEBライティング・WEBデザイナー・編集者・校正者など多彩なジャンルの在宅のお仕事情報が掲載されています。

外注ライターの仕事を常に切らさないようにと思い、複数のSOHO求人サイトに登録する人もいます。もちろん、登録料・利用料は無料なので、複数のSOHO求人サイトに登録しても全然OKです。

しかし、むやみに複数の求人サイトに登録していれば良いというわけではありません。

求人サイトにはクライアントと応募者がメールやスカイプなどで直接連絡のやりとりができるタイプのサイトが主流です。

中には、SOHO求人サイトで独自のチャットシステムを設置して、そのシステムを経由して連絡をすることもあります。

とくにクラウドソーシング系の大手のSOHO求人サイトでは、独自のチャットシステムが設置されているケースが多いです。

外注ライターの副業を成功させるには、SOHO求人サイトの選び方が重要ですから、自分のニーズに見合うサイトを慎重に選んでおくことです。

外注ライターの副業で効率良く稼ぐなら良質な求人サイトを選ぶこと

クラウドソーシング系のSOHO求人サイトの注意点は?

クラウドソーシング系のSOHO求人サイトは外注ライターの登録者数とともに案件数が多く、利用しやすいです。

自分の経験や知識を活かして稼げるのも魅力ですが、簡単なアンケートに答えるだけでも報酬が入るので、多忙な主婦の方でもスキマ時間で稼ぎやすく人気となっているのです。

基本的に入会費用や年会費は無料ですが、報酬の受取り時には注意が必要です。

求人サイトによっては、報酬のうち一定の割合の金額がシステム使用料として差し引かれることもあります。このようなシステムが導入されたSOHO求人サイトには、クラウドワークス・ランサーズなどがあります。

クラウドワークスやランサーズでは報酬の5~20%がシステム利用料として差し引きされる仕組みです。システム利用料は報酬の金額によって違いがありますが、1つ注意すべき点があります。報酬額が高ければ高いほど、システム利用料がその文高く反映されるのが難点です。

ただし、求人サイトに登録・応募した段階では、報酬は発生しないため、システム利用料の支払いの義務が生じることはありません。

もう1点注意すべき点は、報酬の振込みの際にかかるコストです。クライアントから直接報酬が支払われる場合は、その会社・事業所の規定に従います。

しかし、クラウドソーシング系の求人サイトでは、報酬支払いにも規定があります。所定のネットバンキングに口座開設を行う必要があり、1回の振込みにつきその都度振込手数料が発生します。

システム手数料と振込手数料のコストがかかってしまうのがデメリットです。

しかし、SOHO求人サイトによっては案件の掲載と応募のみ、独自のシステムを使い、応募した後はクライアントと直接連絡ができる場合もあります。

その後は、SOHO求人サイトから離れてクライアントとの直接交渉になるので、こちらのほうがやりやすいかもしれません。その場合は、メールやチャットワーク、スカイプなどクライアントが指定する連絡方法になります。

いずれにしても近年急速に稼ぎやすい環境が整ったことが、多くの方々がライターの副業をしている理由と言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました