消費税増税前にポイントサイトで効率良く稼ぐための心得とは?

ポイントサイト

ポイント還元サービスを賢く使いこなそう

2019年10月1日からいよいよ消費税が10%に上がり、なんだかそわそわしてはいませんか?

消費税が2%も上がるのですから、「今のうちに必要な物を買っておかなくちゃ!」とあせる人も多いのではないでしょうか。

そして、この時期になると節約意識がますます高まってきます。スーパーで食品や日用品をひとつ買うのにも「1円でも安いものを」という人も多いですね。

しかし、安い物にこだわり過ぎて「安物買いの銭失い」になっては困ります。

それよりも買い物する時にポイントを賢く上手に貯めることで、節約効果は十分にあります。

ポイントを貯める方法は、スーパーやホームセンターなどお店で買い物をする時だけではありません。パソコン・スマホのインターネットを活用して効率良くポイントを貯める方法もあります。

とくに最近は消費税増税前ということもあって、ポイントサイトに登録する人が増えています。ポイントサイトへの登録料・利用料は無料、あとはサイトを経由してゲーム・広告の閲覧・ショッピングでポイントが貯まる仕組みです。

ポイントサイトによっては、消費税増税前のキャンペーンが実施されているところもあります。キャンペーンや特典をうまく活用すれば、ポイントが効率良く貯まるのでおすすめです。

スーパーやショッピングセンターのポイント還元サービスと合わせて、ポイントサイトの特典を活用すれば節約上手になり、家計も助かります。

しかし、店舗にはないポイントサイト独自の最大のメリットがあります。

それは貯まったポイントをキャッシュバックするサービスです。

効率良くポイントを貯めて、現金や電子マネーのポイントに交換できます。ポイントサイトを活用することで、副業としても役立てられます。

ポイント還元サービスを賢く使いこなそう

ポイントサイトで個人情報は保護されるか?会員登録前に入念にチェック

ポイントサイトをうまく活用すれば副業や在宅ワークとしても役に立ちますが、中には不安を抱える人もいるようです。

ポイントサイトは無料で利用できますが、入会時に個人情報を登録する必要があります。

「住所やメールアドレスを登録したけど、個人情報が外部に漏れるのではないかと思うと心配。」そんな声もあります。

そこでポイントサイトに登録する際の重要ポイントをいくつか挙げてみました。

ウエブサイト上で個人情報か保護されているかどうかを知る目安として、プライバシーマークがあります。

もうひとつ重要なのは、ポイントサイトに登録する前に個人情報保護基本方針について掲載されたページを閲覧しておくことです。

新規会員登録時には、専用のメールフォームにセキュリティ対策が万全であるかどうか要確認です。セキュリティ対策のひとつとしてSSLが導入されていれば、ホームページアドレスの頭に「https」となっているはずです。

SSLとは「Secure Socket Layer」という言葉の頭文字で、インターネット上で送信する情報を暗号化するシステムです。

万が一、ポイントサイトにSSLのプロトコルが導入されていない場合は、利用しないのが無難です。SSLが導入されていれば、情報が外部に漏れるのを防ぐことができ、なりすましを防ぐ対策にもなります。

個人情報保護の観点からもっとも理想的なのは、プライバシーマークを取得していて、なおかつSSLが導入されているポイントサイトです。

ところで、このプライバシーマークを取得するには高い費用がかかることをご存知でしょうか。プライバシーマーク取得に必要な金額は100万円とも言われています。

これを取得している企業は信頼性が高く、健全なサイトが運営されているという証しです。

ポイントサイトに登録する時に、ポイントの還元率の高さ・利用のしやすさだけで選ぶのではなく、個人情報保護方針について確認することを忘れずに。

消費税増税前になって効率良く稼ぐことばかり考えてポイントサイトに登録するのではなく、重要なチェックポイントを見逃さないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました