Uber Eatsは新世代のフードサービス!福岡の街中をバイクや自転車で駆け巡り、楽しく副業

Uber Eats

Uber Eatsのフードサービスの副業の中身は?

Uber Eats(ウーパーイーツ)という言葉を耳にしたことはありますか?

Uber Eatsは飲食関係のサービスのひとつです。

簡単にわかりやすく言えば、飲食店から飲食物を預かり、注文した人の自宅に届けるというのがおもな仕事です。

Uber Eatsは、日本国内ではまだ広く浸透してはいませんが、世界中ですでに100以上もの大都市でUber Eatsのフードサービスが展開されています。

Uber Eatsはアメリカがその発祥地で、今風に言えば、Uber Eatsはケータリングやデリバリーのようなサービスです。

Uberとは、アメリカのシリコンバレーのタクシーを呼ぶ配車専用のアプリの大手ブランドです。

日本国内でUber Eatsがスタートしたのは東京で、2016年の秋からです。その翌年には神奈川県の一部、2018年には名古屋・神戸・大阪・京都・福岡などでもUber Eatsのフードサービスが始まりました。

特に福岡市内の博多~天神エリアは狭い空間にオフィスや住宅地が密集しているので、自転車でアプリを片手に配達を行う方々を頻繁に目にするようになりました。

Uber Eatsの仕事は、お弁当やピザの宅配、ラーメンやお寿司の出前のようなイメージです。しかし、単に料理を届けるだけがUber Eatsではありません。

ラーメン屋やお寿司屋、デリバリーサービスの従業員とは違い、もっとも自由な働き方ができる、それがUber Eatsです。

Uber Eats専用のアプリを起動して指定されたお店に出向いて料理を受取り、注文者の自宅に届けるのが基本的な仕組みです。

Uber Eatsのフードサービスの副業の中身は?

Uber Eatsにしか味わえない魅力とは?

Uber Eatsに加盟する店舗は、日本国内ではすでに4000店舗を上回り、今後もさらにエリアが拡大する見込みです。2016年より首都圏を中心に全国主要都市に広がり、さらに地方都市にまで展開中です。

現在、Uber Eatsに登録したお店は、私達がよく知っているマクドナルドなどの老舗のファーストフード店やファミリーレストランまで多数です。

中には、あまり知られていない個人の飲食店も登録しています。

Uber Eatsに登録したお店の多くは、もともと料理の配達サービスをしていなかったお店です。

お店側にとってのメリットは、料理を配達することで多くの人に自分のお店の料理を味わってもらえることです。

Uber Eatsを副業とする場合の大きなメリットは、都合の良い時間にいつでも仕事が出来ることです。

毎週水曜日に仕事が休みの人は、その日をUber Eatsの副業に充てることができます。

コンビニやスーパーなど決まった場所で働くのとは違い、勤務スケジュールを調整してもらう必要もありません。

専用のスマホアプリを片手に、自由なワーキングスタイルでOKです。

スマホアプリの使い方はとても簡単なので、誰でもすぐに慣れます。

基本的には料理を届けるだけの単純作業ですから、資格や学歴は不要、配達の仕事の経験の有無は問いません。

やる気があれば早速、専用のスマホアプリをインストールすれば、すぐにでもUber Eatsの副業を始められます。

自宅で黙々とデスクワークをするよりも、外に出て活発に働きたい人には特におすすめです。

Uber Eatsの副業の心得と注意事項

Uber Eatsの配達エリアが職場に近い場合、運が悪ければ職場の人に見られてしまう可能性があります。

配達の途中に偶然にも職場関係の人に見られてしまった、配達先に出向いて行ったら職場の人の自宅だった、そんなケースもゼロではありません。

さらに、専用のスマホアプリには配達する人の顔が見える仕組みになっています。

もし職場の人に副業がバレるとまずい方は、配達エリアには注意しましょう。

Uber Eatsの副業をするのに決められた場所に出向いて面談をする必要はありません。しかし、その代わりに顔写真を掲載する必要があります。また、登録手続きを行うにあたり、身分証明書の提出が求められます。

料理の配達を行うだけの仕事とは言っても、仕事を依頼する上で信頼関係が重要になるのは当然のことです。

料理の配達をするのに、道に迷ってしまうと料理の鮮度が落ちてしまいます。

方向音痴の人やスピーディーな対応が出来ない人には、残念ながらUber Eatsの仕事は不向きです。

Uber Eatsの副業の心得と注意事項

Uber Eatsの会員登録からお仕事開始までの流れは?

Uber Eatsの副業を始めるのに、配達の経験や職歴は一切関係ありません。

Uber Eatsの副業を始めたいと思ったら、思い立ったが吉日です。

まずはUber Eats のサイトにアクセスして、Uberアカウントを作成しましょう。

会員登録の際は、メールアドレス・氏名などの個人情報の入力が必要です。

氏名は漢字でなくても構いません。

Uber Eatsの利用者は日本人も多いですが、中には外国人もいるので、アルファベットで書いたほうが親切ですね。

会員登録時には「都市」の選択も必要で、これは配達の仕事を行う予定の都市を入力します。登録後も都市の情報は24時間いつでも変更可能です。

あとは身分証明書や必要書類をウェブサイト上にアップロードして、振込口座の情報を入力します。

会員登録からお仕事開始までに10日~2週間程度かかる場合があります。

Uber Eats専用のアプリをインストールすると、会員登録したパスワードとID(メールアドレス)でログインできるようになります。

Uber Eatsの配達の副業で収入アップを目指すには?

Uber Eatsの副業で効率良く稼ぐには、配達の注文が多い日や時間帯を選ぶことが肝心です。

配達エリアの選び方によっても効率良く稼げますが、無理して遠くの地域まで出向いていくと、かえって仕事効率が悪くなります。

料理の配達は平日よりも土・日の方が増えるので、平日は本業・休日にUber Eatsというスタンスで続けてはいかがでしょうか。

また、その日の天気によっても配達の注文が増えることもあります。天気が良い日よりも大雨の日のほうが配達の注文が増えてきます。

雨の日は車やバイクの運転には細心の注意を払い、万全の体制が必要です。

配達の仕事の途中にうっかり滑ったり転んだりして、料理を落としてしまうと大変です。

Uber Eatsで配達の仕事をする場合、自転車やバイクのレンタルサービスを利用することも可能です。バイクの免許を取得しているなら、自転車よりもバイクの方がスピードが出るので、仕事効率が良くなります。あとは、配達の件数をできるだけ多くこなすことです。

配達エリアは自分がよく慣れているエリアを選ぶことをおすすめします。

土地勘があれば配達の途中で道に迷うことなく、スムーズにできます。

単に料理を届けて件数をこなすだけではなく、美味しい料理を美味しいうちに注文者の元に届けることが重要です。

Uber Eatsの配達の副業で収入アップを目指すには?

まとめ:Uber Eatsという新世代のフードサービスで副業する時代

アメリカで発祥したUber Eatsのフードサービスは、日本国内でも少しずつエリアが拡大されてきました。

料理を注文する側にとっては、普段お店でしか味わえない料理を自宅で堪能できるメリットがあります。

そして、美味しい料理を届けるUber Eatsの仕事は、まさに新世代の副業です。

飲食店の従業員とは違い、Uber Eatsの副業のスケジュールは自分で決められるから働きやすいですね。

空いた時間に運動がてらお金を稼げる魅力的な副業ですが、お金が発生する以上は役割をキッチリと遂行できるよう心がけましょう。

Uber Eats
スポンサーリンク
福岡の女性にオススメの副業は?【2019年厳選BEST15】

コメント

タイトルとURLをコピーしました